アラサーが選ぶべき基礎化粧品

アラサーはお肌の曲がり角と言われます。

これはターンオーバーや線維芽細胞の働きに明確な衰えが見え始めるためです。

だからといって基礎化粧品を変えたら解決するわけではありません。原因は年齢だからです。

選ぶべき基礎化粧品は問題を改善できるというより、肌負担がなくてターンオーバーや線維芽細胞の働きを邪魔せず、サポートできるものです。決して明確な効果を期待してはいけません。

何かすごい美容成分があったとしても、アラサーで感じ始めた肌悩みが消えることはありません。そんなに効果的な成分はないですし、肌の奥まで浸透しないからです。

それよりも、アラサーで起きる肌状態変化をできるだけ20代に戻せるかどうか?これがアラサーの基礎化粧品に必要な条件です。

特に乾燥がひどくなっていませんか?

乾燥状態は肌の再生を非常に強く阻害します。簡単に言うと、肌を自然に保湿できる基礎化粧品がベスト。それ以外の機能はあってもなくても大差ないんです。

乾燥が気になってくると保湿力を求めて基礎化粧品を乗り換えますが、それは肌表面を一時的に濡らしているだけ。会社勤めの人はメイクもするでしょうが日中に肌が乾いてしまいますよね。職場はエアコンでかなり乾燥しているからです。

この乾燥がまた肌再生を邪魔します。基礎化粧品はこの外気の湿度に左右されないものが理想です。ベタッと保湿したら余計に後で乾燥感が強くなるだけです。

基礎化粧品で与えるべきは肌に足りない要素を補い、元の状態を維持できるものです。例えばセラミド。セラミドが不足し始めるのが30代手前からなので、肌の曲がり角の一つに間違いありません。

単純にセラミドの基礎化粧品がおすすめです。

セラミドが増えるだけでアラサーの肌悩みの大半は消えます。かなりエアコンが効いて乾燥した部屋でも平気です。加湿器で加湿するのは保湿化粧品を塗るのと変わりありません。肌自体は変わっておらず、肌負担が増えるだけ。意外かもしれませんが、基礎化粧品を使うことで余計に肌がダメになっているケースは多いんですよ。

【参考】https://エアコン乾燥肌対策.com/